仲之町ののぼり

仲之町の競艇場外舟券売場の設置に反対するみんなの会が、会員有志の家の軒先にのぼりばたを掲げています。

「大切なものはなにですか」と呼びかけています。今1丁目には5軒の軒先に掲げられています。

この運動も勝利しこの幟が降ろされる日を心待ちにしています。

消費税増額は許せません

民主党の政権公約に、消費税増額が記され、菅首相が自民党の10%案を参考にと述べ、俄然選挙の争点になりました。

今回の増税議論は、大企業に減税との引き替えに消費税増税を言うわけでその悪質性が際だっています。

かつて、消費税導入が争点となった、選挙で日本共産党が躍進し導入を止めさせたこともありました。

このことを多くの方に知っていただくことが大切です。

マリンピアの競輪場外申請取り下げ

沖の州のマリンピアに計画されていた小松島競輪の場外車券売場の設置申請が、業者によって取り下げられていたことが、昨日正式に明らかになりました。粘り強い反対運動の結果です。

私も、総務委員会で初めて取り上げ、沖の州住民の意思が大切との答弁を引き出しました。貢献できたことをうれしく思っています。

仲の町の競艇場外売場計画も同じ道を歩んでほしいものです。

新しいブログへようこそ。

2010年6月24日を期して新しいブログに切り換えました。携帯からも見ていただけます。

これからも、どうかよろしくお願いします。

これを記念するかのように加戸議員からうれしいニュースです。沖の州のマリンピアに計画されていた競輪場外車券売場サテライトは、業者が申請を取り下げたそうです。加戸議員と笹岡四国ブロック長が経産省の担当課長を訪ねて分かったそうです。本当に良かったですね。

このことを報告してくれた加戸議員の声が弾んでいました。仲之町のボートピアに反対している方からも弾んだ声で℡がありました。競艇場外も早く業者が断念してくれるといいのにね。

No12802 消費税10%で支持率低下 民主党

内閣支持下落50%、消費税発言響く 朝日新聞世論調査
朝日新聞が19、20の両日実施した全国世論調査(電話)によると、菅内閣の支持率は50%で、1週間前の前回調査(12、13日)の59%から下落した。不支持率は27%(前回23%)。「消費税率10%」に言及した菅直人首相の発言には「評価しない」が50%で、「評価する」の39%を上回った。首相が引き上げに前向きと取れる発言をしたことで、消費増税に反対の人たちの離反を招いているようだ。(2010年6月21日朝日新聞電子版)

今朝の朝日新聞が以上のように報じています。消費税問題は格好の宣伝材料です。なんとしてもくい止めなければなりません。これを材料に日本共産党の躍進にもつなげなければなりません。

昨日までの救援美術展は34回目でしたが大成功でした。この不況にもかかわらず、救援心をお持ちのみなさんが協力してくれました。本当にありがとうございました。