文化センター廃館に反論ー見田質問

昨日の本会議で徳島市は文化センターの廃館を言いました。補修には3年半かかり、新ホールを新町西に作るとの方針と同じになり、解体の手続きを進める。との方針を示しました。これに対し、見田議員は廃館を撤回し、存続を求めました。傍聴者も80名に達し、市民の関心の深さを示しました。

今朝の徳島新聞でも、社会面で、残念がる市民が多いことを報道しています。

私が、米子市に直接確認した内容は、基本設計に半年、実施設計に半年、耐震補強と大規模改修に1年1か月で、2年あればできます。これを3年半というのは誤謬です。

投稿者: heimoto

2017.8.25現在 1939年生まれ。八万中学・城南高校卒業。徳島郵便局など経て徳島合同法律事務所事務局長を17年つとめて市議会議員に。現在8期目。 文教厚生常任委員・まちづくり特別委員。日本国民救援会徳島県本部副会長。西富田各種団体顧問。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です