復興への希望がもてる施策、原発からの撤退をもとめる

復興への希望がもてる施策、原発からの撤退をもとめる 大震災・原発災害にあたっての提言(第2次)
日本共産党幹部会委員長 志位 和夫

>> 復興への希望がもてる施策、原発からの撤退をもとめる 大震災・原発災害にあたっての提言(第2次) PDF350KB

社会保障切り捨て加速 厚労省案 自公路線「継承」宣言

2011年5月13日(金)「しんぶん赤旗」>> 社会保障切り捨て加速 厚労省案 自公路線「継承」宣言 集中検討会議

政府・与党の「社会保障改革に関する集中検討会議」(議長=菅直人首相)が12日に非公開で行われ、厚生労働省が「議論のたたき台」として「改革の方向性と具体策」(厚労省案)を提示しました。自公政権の社会保障切り捨て路線を引き継ぎ、加速する方針を明確化しました。>> 記事

原発の危険を告発 国民の命守る日本共産党(上)

2011年4月1日(金)「しんぶん赤旗」>> 原発の危険を告発 国民の命守る日本共産党(上)

深刻な被害を広げつつある福島第1原発事故は、安全に根本的な欠陥をかかえる原子力発電所の大量増設をすすめてきた日本の原子力政策を厳しく問うものとなっています。日本共産党は、原発大量増設が開始された当初から、原子力行政の根本的な転換を歴代政権に要求し、住民とともに増設計画に反対してきました。この問題での日本共産党の立場と主張は、重大化しつつある今回の原発事故に対し国を挙げ安全対策をとるうえでも、また今後も原発事故を繰り返させないためにも、重要な問題提起となっています。

  • “安全神話”を厳しく追及 不破氏 原子力は本来、危険はらむ未完成の技術 1976・80年
  • 震源域への大増設 中止せよ 不破氏「民族的な安全が危機に瀕する」と指摘 76・81年
  • 大津波・電源喪失 ともに警告 吉井議員 冷却不能指摘し対応迫る 2006・10年

>> 記事

国民・市民のフトコロをあたたあかく これが地域経済を元気にするカギです

日本共産党徳島地区委員会は、徳島市政政策を発表しました。「徳島新報」2・3月号外が紹介しています。

>> 徳島市政政策、「国民・市民のフトコロをあたたあかく これが地域経済を元気にするカギです」 PDF5MB

TPPにかかわる「基本方針」の閣議決定について[談話]

[談話]TPPにかかわる「基本方針」の閣議決定について
2010年11月9日 日本共産党幹部会委員長 志位 和夫

一、政府は本日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について、「関係国との協議を開始する」と明記した「包括的経済連携に関する基本方針」を閣議決定した。「基本方針」は、TPPの協議開始を「情報収集」のためなどと言っているが、一方で、国内の「環境整備」として、国内農業との「両立」のための「農業構造改革推進本部」の設置、非関税障壁を撤廃するための規制緩和の推進などを明記しており、菅民主党政権が、TPP 参加に向かって走り始めようとしていることは明白である。

TPPは、関税を原則撤廃し、農産物の輸入完全自由化をすすめるものであり、日本農業と地域経済に深刻な打撃となる。日本共産党は、協議開始の撤回を強く求める。 “TPPにかかわる「基本方針」の閣議決定について[談話]” の続きを読む

党徳島市議団の実績 と07年の市議選挙にのぞむ政策

07年1月、日本共産党徳島市議団が発表した「日本共産党徳島市議団の実績 と07年の市議選挙にのぞむ政策」を掲載します。

>> 日本共産党徳島市議団の実績 と07年の市議選挙にのぞむ政策 PDF239KB

徳島市議団の実績と03年の市議選挙にのぞむ政策 (2002年10月4日)

2002年10月4日、日本共産党徳島市議団が発表した「徳島市議団の実績と03年の市議選挙にのぞむ政策」を掲載します。

>> 徳島市議団の実績と03年の市議選挙にのぞむ政策 PDF224KB